Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

流れにのるという違和感

f:id:Mamitaaasu:20150717112247j:image
こんにちは〜( ´ ▽ ` )ノ
4回目の投稿です‼︎

今日はななちゃんとニョッキと
???(←名前むずかしかった)
食べてきたよ〜(^^)
美味しかった♡

彼女は今海外の大学に通ってて、
話してると視野が広がる!
一緒にいてほんと楽しい♡

日本の大学は入るのが大変。
海外の大学は出るのが大変。

よく聞く話ですよね…

勉強してる人もいれば、そこまでしてない人もいる。
でも、海外だとdrop out は普通にあること。
ちゃんとやってる人しか次に進めない。
学年が進むにつれて求められるものが高くなるし、その分人数も減るんだとか。

私は高校生の時、大学受験しか考えてなかった。どこの大学にしよう、major はどうしよう、センター試験・二次試験の勉強しないと…って。
海外の大学に行くって選択肢がまったくなかった。みんなと一斉に受験して、一緒に卒業して、それぞれの道に進む。

でも、ある時気付いたの。
大学生になって、みんなと一緒に就活して、卒業して…っていう流れに対する違和感。
みんなと一緒がいい、浪人とか留年とかあまりしたくないとか思ってた。
私って未熟やったなぁ…と反省。

流れに乗るのが嫌だと気付いた私は、
大学3年の春から就活始めて、3月就活解禁なのに1月に止めるっていう…
就活で出会った素敵な仲間、最高の経験、すべてが大切な出来事だった

それなのに、

なぜやめたのか?

それはカナダでの留学経験で、
【自分らしく生きよう】と思ったからだった!

今日はここまで