ベンガル語授業と英語教育

f:id:Mamitaaasu:20150811081910j:image

Hello:)
This is my 17th post.

この写真は昨日のタイ料理。
ラオス語はタイ語の方言ねんてさ!
ペイさんオススメの激辛サラダ。
笑いの絶えない時間。
幸せでした♡

さてさて、
昨日からベンガル語の研修に参加!

ベンガル語を学んでいても、
心の中では英語教育について
考え始めちゃう!

今までの私の授業を振り返る
いいきっかけになった。

単語、発音、読み方もわからない時、
本当に理解するのが難しいんなって。

教師にとっては簡単なことでも
生徒にとっては難しいことになる。

頭ではわかっていても、
早く話してしまったり、
まだ習っていない単語を使ってしまったり…。

そして、今回のベンガル語
日本語、英語、ベンガル語での授業。
とってもわかりやすい授業。

ここで考えるのは、
【オールイングリッシュの授業】
について。
カナダで語学学校に行った時は、
もちろんオールイングリッシュやった。今までの英語の学びがあるから、
新しい文法を学ぶというよりも、
どちらかといったら復習、あるいは
どうやってオールイングリッシュで
文法を教えてるか知るって感じ。

日本での英語教育について考えた時、
母語と英語をどう使うかが
難しいところ。
できるだけ英語で伝えたいけど、
理解できない生徒がうまれてしまうのは
避けたい。
でも、日本語を使う比率が多いと、
せっかくの英語の授業なのに
英語でのインプットが減ってしまう。

一度、学ぶ言語だけの授業を受ける機会をつくりたいな〜
第4言語何にしようかな…?♬

ところで、
9月は母校で教育実習!
授業の中で、異文化にふれる
楽しさも伝えることが目標!

今、頭の中で少しずつベンガル語
割合が増えてきたけど、
英語も気を抜かずに日々の生活の中に
取り入れ続けよう〜〜〜^_^

That's all for today .
See you next time ♬